新しい“香り”のプロ資格、
アロマブレンダーになりませんか?

協会について

About Us

フレーバーおよびフレグランス(香り)の専門家の育成、及び教育を目的とし、平成29年1月4日に設立致しました。

代表理事からのごあいさつ

音楽を学ぶには音符を用いた楽譜を読み、その意味するところを深く解釈していくことが、大切に思います。私は趣味の世界ではありますが、能という古典芸能を人間国宝の師匠に中学3年の時に弟子入りして学んできました。56年間にもなるので師匠はその息子さん、そしてお孫さんと三代にわたり師事してきたことになります。謡本に書かれた作者の心を読み取って自分で表現できるようになること、さらにはそこへ自分の心を乗せることは難しく、現在でも私にとって大きな課題です。いつこの課題に答えが出せるのかもわかりません。でも、だからこそ魅力を感じ、習い続けているのでしょう。

 香りを学ぶには元素記号を用いた化学式で書かれた香りの分析データや処方を読み、その意味するところを理解していくことが大切です。香料を精油として植物から取り出したり、合成香料を作り出していることは学問分野でいえば有機化学の一分野です。香りの物質は植物や動物、微生物が起源ですから、生物学の一分野とも言えます。音楽をただ鑑賞するだけならば耳を澄ますだけでよいのですが、学ぶつもりになったら楽譜での勉強が必要になるのと同じように香りを学ぶには有機化学的な勉強がどうしても必要になります。その香りの勉強の手伝いをさせていただこうと思い、「フレーバー・フレグランス検定」、つまり香り検定をここに開始させていただきます。香りを学びたい方にはきっと役立つと思います。将来的な計画としては、検定だけでなく、学んだ知識を何らかの仕事に反映させていくことのお手伝いもしたいと思っています。

 私は大学院修了後に会社で職業として香りの仕事をしてきました。一番得意としてきたことは植物精油の中からとても良い匂いがする香りの物質を見つけ出し、その構造を明らかにすることでした。世界中の誰もが気が付かなかった香り物質を見つけ出し、その構造を決め、命名する仕事はなかなか面白く、やりがいを感じてきました。このような研究で博士号も取得しました。自分が構造を決めた香り物質を自分の手で化学合成し、発見したものと同じ匂いにたどり着くのは感動ものでした。その後の東京農業大学では学部、大学院で授業したり、学生諸君と研究したりしてきました。

一般社団法人フレーバー・フレグランス協会の出発は東京農業大学の大澤貫寿理事長の発案によるものであり、相談役にもなっていただきました。業務執行理事には香料会社での経験豊富な方や香りに詳しく検定実務に詳しい方など素晴らしいメンバーに入っていただきました。顧問には私が所属していた東京農業大学生物産業学部食品香粧学科の先生方にも入っていただいています。これからも優秀な、そして熱意ある香りの科学者の人たちに仲間に入っていただくつもりです。

香りの勉強のお手伝いに対策講座も東京農業大学のキャンパスで行いますので、一緒に勉強していきましょう。

藤森 嶺

事業概要

  • フレーバー・フレグランスに関する検定資格試験の主催、実施
  • フレーバー・フレグランスに関するセミナーの開催
  • フレーバー・フレグランスの正しい知識の普及を目的とした教材の出版
  • フレーバー・フレグランスの正しい知識の普及を目的とした人材育成支援
  • フレーバー・フレグランスに関する調査・研究

役員

代表理事藤森 嶺(東京農業大学客員教授・農学博士)
業務執行理事桜井 和俊(フレグランス担当・農学博士)
佐無田 靖(フレーバー担当)
日野原千恵子(事務局長・一般社団法人アロマフレグランス調律協会理事)
監事榊原 牧子
相談役大澤 貫寿(東京農業大学 理事長)
渡部 俊弘(東京農業大学 副学長)

組織図

一般社団法人
フレーバー・フレグランス協会
〒107-0052 東京都港区赤坂1-4-14
ダイヤモンドビル赤坂5階
TEL:050-5899-6737
FAX:03-6856-2861